部門のご紹介
臨床検査部

私たち臨床検査部は、生化学検査・尿検査・血液検査を主に行なっています。患者様の体調の変化を検査データとして医師に報告しています


.生化学検査

 生化学検査では、採血した血液を血清と血球に分けて血清中に含まれている成分を測定しています。血清中の成分を調べることで、どの臓器にどのような異常が生じているかというのを間接的に調べることができます。

院内で測定している生化学検査項目
AST(GOT),ALT(GPT),LDH,CPK,chE,ALP,γ-GTP,TTT,ZTT,T-Bil,D-Bil,TP,ALB,    TC,TG,HDL-C,AMY,CRP,RA,BUN,CRE,UA,Na,K,Cl,Ca,IP,Mg,Fe,U-CRE,24hCCR,
U-AMY,GLu,AbA1c  

院内で行なわれている検査項目は年に2回、外部精度管理を行い、医師に正確なデータを提供できるようにしています。

尿検査

尿検査では、尿に試験紙を浸け試験紙の色の変化を見て、尿の中の過剰な蛋白や糖などの成分が出ていないかどうか調べる検査です。この検査で、尿の通り道で炎症や出血が起きていないか、腎臓の働きの良し悪しなどが分かります。

尿蛋白では主に腎臓や膀胱などの障害によって、尿中に排出されますが、健康な人でも排出されることがあります。尿蛋白陽性の場合は、尿沈査などを実施しています。

腎疾患では、血球や腎臓の細胞・円柱などが見られることがあります。尿糖では、血糖同様に食事の影響を受けます。しかし尿糖は、血糖が一定の濃度を超えない限り尿には排出されません。
   

血液検査
血液検査では末梢血液中の赤血球数・白血球数・Hb(ヘモグロビン)・ヘマトクリット値・血小板数を測定します。これらの測定は、血液の病気の診断だけではなく、体の状態を把握できます。