部門のご紹介
薬剤部
私たち病院薬剤師は、病院の中で使われるすべての「薬」について、安全で効果的に使用されるように関与しています。薬をとおして、患者様により安心して医療を受けられるように、そして、一日も早く回復できるように、責任を持って仕事をしています。
調 剤
錠剤・カプセル・水薬・散薬などを患者さまが適切に使用できるように調合し、十分に説明をした上でお渡しする仕事です。
調剤の時、薬の量や使い方、あるいは飲み合わせや副作用の有無など疑問があれば、処方した医師に確認をします。薬剤師には独自の立場で、薬の安全性や有効性を確保する役目があります。
薬の説明・相談
お薬の相談コーナーや受付窓口、あるいは病棟で薬の使い方や注意などを説明します。また、他の病院でのまれているお薬や健康食品などの飲み合わせやお薬を飲み始めてから気になる症状などについてご相談を受けています。
薬の管理
それぞれのお薬の特性(温度・遮光)に合わせて安全で有効なお薬を提供できるように保管と管理を行っています。
〜より安心できる薬物療法を提供するために〜
医師との協力
薬剤師としての立場から、薬がより安全に使用されるように、医師と話し合っています。
薬学的ケア
@副作用の所期症状が出ていないか確認
A副作用が出るのを防ぐため検査データを確認
B退院後も引き続き正しい薬物療法が受けられるよう、患者様と他の医療スタッフを サポート
薬歴の確認
患者様一人々の過去の副作用や、効果が得られなかったなど多くの情報を記録します。また、複数の診療科にかかっていると、それぞれの処方が適切であっても、合わせて使うと悪い影響が起こる可能性があります。これを未然に防ぐためには、薬歴が必要です。
注射薬の調剤
注射薬は、人体に直接使用するので、特に正確で衛生的な作業が要求されます。また、一緒に混ぜてはいけない注射薬の確認もできます。
チーム医療の推進
それぞれの専門スタッフが協力して、より良い医療を提供するなか、薬剤師も専門知識を活かして参加しています。