部門のご紹介
放射線部
正確な診断・疾患の早期発見のために、より良い画像を提供できるよう技術の向上に努めています。
MRI(磁気共鳴診断撮影装置)
MRIは磁場の中で人体に電磁波をあて体内から得られた信号をコンピュータで処理し、映像化する装置です。
・当院のMRIはオープン(開放)型なので、従来のように圧迫感がありません。
・また、放射線を使用しないので被爆の心配がありません。
・主に頭部・腹部・関節・脊椎の検査を行っています。
マルチスライスCT
 
(超高速コンピュータ断層撮影装置)
CTはX線を使って体内を検査します。この装置は16個の検出器を搭載し、1回転0.5秒で16チャンネルの画像を収集できますので、短時間の検査が可能となっています。患者さまの負担が軽減されます。
・検査部位は頭部・頚部・胸部・腹部・骨盤部・四肢・骨領域・心臓など全身の検査に適用されています。
RI(シンチカメラ)
RI(シンチカメラ)は、体内に微量のアイソトープを注入し、体内に分布した放射能により臓器や器官の働き・代謝などの異常をとらえ 病気を診断する装置です。
脳の血流・心筋の動き・血流・また骨の病気の早期発見などの検査が行われています。
X線透視撮影装置
・腸の検査(注腸透視・小腸透視検査)
・胃の検査(胃透視・食道透視検査)
・胆嚢・総胆管・膵臓の造影検査(ERCP・DIC)
・腎臓・尿管・膀胱の造影検査(RP・膀胱造影など)
マンモグラフィ
当院では、乳がんの早期発見のために乳房X線撮影検査を行っています。
・手で触知できない小さな腫瘍も検出できます。
・検査は簡易で、安心して検査を受けて頂けます。
骨塩量測定装置
DEXA法による骨塩量測定は、骨粗鬆症の診断・慢性腎不全患者様の経過観察などに利用しています。
・本装置の橈骨骨塩測定では、検査時間も短く被爆線量も少ないため患者様に担をかけない検査ができます。